私たちは2014年2月に中野ブロードウェイに日本で初めての3Dプリンター屋をオープンしました。新しい技術(ここでは3Dプリンター・レーザーカッターなど)はどのように社会を変えていくのか?3Dプリンターは皆が活用することでどのような新しいアイデアがうまれるか?をお店を通して発信しております。新しいテクノロジーなので、皆さんが気軽に使うには壁があります。そこで実際の店舗を通して3Dプリンタの生活者の疑問や潜在ニーズを聞き取り、その壁を越えるお手伝いをしていきます。新しい技術・サービス・教育・コラボレーションはどのようなイノベーションを起こしていくのか、お店を通して皆さんと体験していきましょう。


更新情報

ワークショップ情報

面白いと3Dプリントが無料

みんなで創る情報発信《BLOG》

アイデアコンテストを開催

私たちTOKYO-MAKERの目的

わたしたちは現在は3つのことを中心に考えております。
お気軽にご相談下さい。3Dプリンティングのこれからの可能性を一緒に発見していきましょう。

パーソナル化する “ 技術 ”


これからの未来では新しい技術の3Dプリンタは自動生産装置になると仮定すると、日常生活の広く多様なシーンで人々に使用されると予想されます。しかし一般の人々が自由に気軽に使える技術では未だありません。そこで店舗を通して3Dプリンタの生活者の潜在的なニーズを聞き取り、解決していきます。

共感をしていく “ 場所 ”


「自分ひとりで創っているけども『どうしたらいいのかわからないから来ました!』そういうことを頻繁に聞くようになりました。仲間を探しに?誰かの意見が欲しくて?という目的で来ても構いません。もし偶然の出合いから何か新しいことがうまれる場へ。ヒトとヒトが出逢い、共創の場所にしていきます。

多様な企業との新たな “ 協働 ”


もはや1つの企業だけではなかなか新しいモノを生み出すことが難しくなっている現代では、ではどうやったら革新的なモノの開発ができるのでしょうか。その答えは企業も生活者も分かりません。だからこそ自分たちが欲しいモノを企業と一緒になって考え出していく協働コミュニティになっていきます。




アクセス

あッ 3Dプリンター屋だッ!!

3D-PRINTING SHOP 『 あッ 3Dプリンター屋だ !! 東京メイカー × ストーンスープ× ミライス 』

〒164-0001 東京都 中野区 中野 5-52-15 中野ブロードウェイ B1F|B1Floor NAKANO-BROADWAY 5-52-15 NAKANO NAKANO-Ku TOKYO JAPAN
OPEN:12:00 ~ 19:30  CLOSE:火・水曜日(Tues・Wed)/その他臨時休業があります( twitter@Tokyomakerでご確認下さい)